【公開検証】格闘技に興味のない後輩芸人と観たSEI☆ZA。その面白さは世間に伝わるか?/タケト

2017.06.19

テーマ『旗揚げ第二戦を終えて見えた“SEI☆ZAとは?”』


文◎タケト(お笑い芸人)


どうも、よしもと芸人タケトです! SEI☆ZA第2回大会、私は格闘技を全く知らない後輩を誘って見に行きました。私は格闘技大好きだし、SEI☆ZAのホームページはチェックしてるし、SEI☆ZAの動画が更新されれば見るし、SEI☆ZAを見に行く上で予習はバッチリ、絶対に楽しめる。

さて、SEI☆ZAを全く知らない予備知識のない人は楽しめるのか? それを知りたくて、格闘技を全く知らない後輩を誘って見に行きました。一緒に行った「てつみち」という輩のピン芸人、こいつはバカでガサツな男。思った事は全部口に出すという本当にガサツな男。

会場に着くなり、ターザン山本さんを見て、けっこうな大声で「あ! DJ KOOのコスプレしてるおっさんがいる!」と言ってましたから…。

バカさ加減も相当で、先日、博報堂で働く人と食事した時も、『博報堂で働く人』を『吐くほど働く人』と聞き間違えてて、「何で、そこまで働くんですか?」とか「体が第一ですから、大事にしたほうが良いですよ!」とか言ってたくらいのバカです。

田中角栄の話をみんなでしてた時も、1人だけ「富良野」とか「北の国から」とか言ってるから、田中角栄て誰かわかってる?と聞いたら「演技が個性的な俳優さんでしょ?」と返してきました。いや、それ田中邦衛だから!

そんな、てつみちだからこそ、SEI☆ZAを見ても素直な感想を言うはず。今年3月のWBC(ワールドベースボールクラシック)世紀の一戦、日本VSキューバ戦を東京ドームに一緒に観戦しに行った時なんて、隣で寝てしまったんです。つまらなかったら寝てしまうようなバカ正直な奴なんです。

そうです。てつみちは、SEI☆ZAの世界観、そして面白さが『これから世間に伝わるか?』を検証するには、ぴったりの人材なのです。


大会がスタート。まずはスクリーンにSEI☆ZAルールのVTRが流れました。VTRはポップな色使い。女性のナレーションで説明してくれて、初めての人にも見やすい作り。

「〜したらカラテポイント、1ポイント」
「〜したらジュードーポイント、1ポイント」
「〜したらジュウジュツポイント、1ポイント」
「〜したらスモーポイント、1ポイント」
「〜したらフォールポイント、1ポイント」
「〜したらアイキポイント、1ポイント」

VTRを私は「なるほど〜、なるぼど〜」と観てたのですが隣で、てつみちがクスクス笑ってる。
なんで笑ってるか聞いたら

「1回聞いただけで、ルールこんなに覚えられね〜よ!と思ったら、笑けてきて〜」

そうか〜。格闘技を全く知らない人からしたらルール多いのか〜。私からしたら、いろんな格闘技の要素が詰まってて「なるぼど〜」と思えるのに。

これはヤバイ! てつみち、いきなり寝ちゃうかも!と思っていたら、女子プロレスラーの高橋奈七永さんとSareeeさんの実演によるルール説明。

実演を「お〜!」「すげ〜」なんて言いながら観ている、てつみち。VTRでの文字とナレーションで説明があった後、それを目の前で実演してくれるのは本当分かりやすい。だってこれで、てつみちにも理解出来たんですから。

そしてオープニングアクトはアイドルユニット「Kiss Bee」のダンスパフォーマンス。てつみち、楽しそうに「フォ〜、イェーイ」なんて声出しながら声援を送っている。

そして選手入場式。チームSEI☆ZAを見て、てつみちは「え〜! 可愛いいっすね〜! マジこの子達が戦うんですか?」

いいよ〜! いいよ〜! そう、そういうハマり方もSEI☆ZAだと私は思います。

そして、いよいよチームSEI☆ZAと空手道・禅道会の3対3の勝ち抜き戦。試合でハマってくれないと意味がない。さあ、どうなる?

1試合目、ラジーナが積極的なパンチで秒殺勝利! 横を見ると、てつみちが立ち上がって「ビスタ〜」と叫んでいる。

よし! 試合にもハマってる! てつみちを誘った身としては凄く嬉しい。ただラジーナを「ビスタ〜」と呼んでるのは会場で、てつみちただ1人だけなので隣にいて恥ずかしい。

勝ち抜き戦は数珠繋ぎでつながって行くので、1試合目でハマった、てつみちはずっと興奮状態。てつみちは「審判がいいわ〜! なにで何ポイントかを毎回言ってくれるからルール覚えてなくていいし、何と言っても声が大きい!」

てつみち、レフリーの島田さんも平さんもマイク付けてるから会場中に声が聞こえてるんだよ……。

でも、この発言がなかったら私もレフリーがマイク付けてることに気付きませんでした。SEI☆ZAは新しい格闘技ですから、なにで何ポイント入ったかが、しっかりお客さんに分かるのって大事ですよね。SEI☆ZAの会場にも、巌流島の演出担当・小栗了さんがいたから、こういう大事なところを押さえてくれてるんでしょう。

そしてメイン、SEI☆ZAのユリア・ストリアレンコと藪下めぐみさん。

ユリアの入場を見て、てつみちは「でかい! 強そう! SEI☆ZAっぽくない!」と言ってる。SEI☆ZAっぽくない!って何だよ。初めて観に来たくせに何言ってんだよ! 逆にお前の中のSEI☆ZAっぽいは何なんだよ。教えてくれよ。

そしてユリアの勝利。

「ほら!やっぱりユリアが勝った!」と凄く嬉しそう。やっぱりって何だよ! お前の予想聞いてないし! 常連ぶってんじゃね〜よ。

全試合終了。表彰式。そして最後に「SEI☆ZAメンバー、この後ロビーの物販スペースに行きますので声をかけてあげてください!」というアナウンスを聞いた、てつみちは「一緒に写真撮りたい! 早くロビーに行きましょう!」と完全にSEI☆ZAにハマった様子。

SEI☆ZAメンバーと写真撮ってもらって興奮状態のてつみちは、SEI☆ZA物販スペースの隣のゼロワン物販スペースにいた田中将斗選手に「最高でした! 次回も絶対観に来ます!」と真っ直ぐな目で言ってました。

誰に何を伝えてるんだよ! どうやら、てつみちは田中将斗選手を勝手にSEI☆ZAの1番偉い人と思ったみたいです……。


さて今回のSEI☆ZAの世界観、そして面白さが『これから世間に伝わるか?』の検証結果ですが、てつみちが理解できて、てつみちが寝ないで、てつみちがハマったのだから、SEI☆ZAの面白さは世間に伝わるということです。

ただ1つだけ改善点を、てつみちが言ってました。

「何でSEI☆ZAメンバーの髪型みんな編み込みなんですか? みんな顔が可愛いんだから、もっと普通の可愛い髪型にしたらいいのに!」

え! 改善点が髪型? 何言ってんの?と思いきや、これは中々の盲点ですよ。格闘技好きからしたら、女子格闘家の編み込み(コーンロウ)は流行ってるから普通ですけど、世間からしたら普通じゃないですからねぇ、はい。

▼7.28 SEI☆ZA旗揚げ第三戦/イベント情報

SEI☆ZA旗揚げ第三戦/7月28日(金)後楽園ホール

人気ブロマガ

まだデータがありません。

人気ニュース

まだデータがありません。

BLOMAGAの一覧へ戻る