ラダ&ラジーナが沖縄空手を体感! 空手殺法でTeam DATE四姉妹といざ勝負!

2017.07.13


7.28『SEI☆ZA旗揚げ第三戦 ~真夏の夜の星々~』で、Team DATE武術四姉妹との“4vs4勝ち抜き戦”に臨むラダ・マナンダー、ラジーナ・ビスタが、菊野克紀選手に沖縄拳法空手の手ほどきを受けた。

菊野選手は「巌流島」でエース格として活躍中。沖縄拳法空手家として、異種格闘技の舞台で強敵を破り続ける菊野選手に、伝統派空手出身のラダとラジーナが稽古を直訴する形で、今回の練習会が実現。空手の強さを改めて体感することとなった。


ラダ、ラジーナは伝統派空手の黒帯を取得しているが、沖縄拳法空手ではあくまで初心者。ゆえにこの日は、礼儀として白帯を巻いての参加。「型はただの様式ではなく、型を知ることにより実戦で強くなれる」と話す菊野選手から、ナイハンチの基礎となる立ち方、体の使い方の指導を受けた。


菊野選手は、身体操作、重心の操り方によって、西洋の格闘スポーツとは異なる理論でインパクト、スピードを得る秘訣を伝授。これらの技法により、西洋スポーツの要素が強い現代格闘技に対して、優位に闘いを進めることが可能になる。


もちろん一度の練習会で奥深い沖縄空手を体得するのは不可能だが、菊野選手は短期間でも効果が出るヒントをラダとラジーナに教授。ラジーナには突き、ラダには蹴りの技術を伝えた。


現時点では詳細は明かせないが、ラダ、ラジーナは大会までの約2週間、この技術を何度も反復し、強敵Team DATE四姉妹との対抗戦の秘策にしたいという。

源流「沖縄空手」と巡り会ったラダ、ラジーナが空手少女として覚醒した姿を見せるか? Team DATE四姉妹との決戦の地は、7月28日の後楽園ホール。ぜひ会場で少女たちの闘いと成長の物語を目撃してほしい。

▼7.28 SEI☆ZA旗揚げ第三戦/イベント情報

SEI☆ZA旗揚げ第三戦/7月28日(金)後楽園ホール

人気ニュース

まだデータがありません。

人気動画

まだデータがありません。

NEWSの一覧へ戻る