日本発の和風格闘技イベントSEI☆ZAに“ワビサビ”を学ぶ/瀬戸信介

2017.06.30

テーマ『旗揚げ第二戦を終えて見えた“SEI☆ZAとは?”』


文◎瀬戸信介(中国武術家/巌流島ファイター)


SEI☆ZA旗揚げ第二戦を見終えて。企画としては3対3の勝ち抜き戦という、下手したら1試合もせずに試合が終わってしまう選手が出るリスクを背負う賭けに出て、見事接戦の末、チームSEI☆ZAが勝利した!

今回の見どころは、チームSEI☆ZAの成長と禅道会参戦というところ(禅道会側の煽りVではトレーナーとして紹介されてた女タイソンが気になってしょうがなかったが)、それぞれの個性が伺えるVだったと思う。

さて第一試合、ラジーナ・ビスタ選手vs禅道会・伊藤良恵選手! ラジーナ選手が前回とは比べ物にならないくらいの攻撃力と対応力、ハートの強さで勝利。この試合は技術うんぬんより、モチベーションの差が如実に出たというところでしょう。

ラジーナ選手は前回負けているだけに絶対に勝つ!という気持ちが見えた。お客さんの前で試合をする以上最も重要な事だ。たとえ勝つにせよ負けるにせよ、モチベーションの低い選手に心を動かされる事は絶対にない!

初戦を勝ち抜いたラジーナ選手は続いて禅道会の二番手、角田光優選手との対戦するも、健闘むなしく敗れた。この試合に関してはキャリアの差が出たかなというところ(完全にSEI☆ZA目線でレポートを書いていますが、私はもうファンになってしまったのでお許しください)。

続いての試合、チームSEI☆ZAの二番手ラダ・マナンダー選手、前回惜しくも敗れ、悔し涙を流す彼女が印象的だった。キャリアで上回る角田選手になんとか勝ってくれと思ったが、残念ながら敗退。しかしながらラダ選手の技術的成長は目覚ましいものだった。あとファイティングスピリッツも素晴らしかった。

なぜだろうか、全体的に男子格闘技の試合より、女子格闘技のほうがガチガチの殴り合いが見られる。男子のほうがビビって慎重になってしまうのか、私も含め消極的になってしまいがち。女性の強さを改めて感じた。


さあ後がないチームSEI☆ZAは、大将タバタ・ヒッチ選手。前回の試合でも勝利しているだけに期待は高まる。バックボーンが柔術MMAのタバタ選手。SEI☆ZAルールでは、柔術のスキルがあるというだけで絶対的な安心感がある。そしてその安心感に間違いはなかった。

タバタ選手は、禅道会の中堅、大将を難なく退け勝利。大将の仕事を見事やってのけ、3対3の勝ち抜き戦は見事チームSEI☆ZAの勝利に終わった!

今後のSEI☆ZAの方向性としては私的には、異種格闘技やファンタジーよりも、日本発の和風格闘技イベントになってほしい。ハリウッド映画の「ラストサムライ」のようなイメージだ。

海外の選手だからこそ、日本の伝統文化の素晴らしさや、ありがたさ、日本人が忘れかけてる“ワビサビ”を伝えてくれるのではないか。

SEI☆ZAの試合を観た我々日本人が、改めて「日本文化って素晴らしいじゃないか」と感じられるイベントになればよいと思う。


▼7.28 SEI☆ZA旗揚げ第三戦/イベント情報

SEI☆ZA旗揚げ第三戦/7月28日(金)後楽園ホール

BLOMAGAの一覧へ戻る