演出担当が見た7.28 SEI☆ZA「真夏の夜空に輝いた星たち」/小栗了

2017.08.3

テーマ『旗揚げ第三戦を終えて見えた“SEI☆ZAとは?”』


文◎小栗了(SEI☆ZA演出担当)


SEI☆ZA代表の山口さんが「旗揚げ第何戦」っていうのをどこまで引っ張っていくのかも僕としては興味津々ですが(笑)、無事に旗揚げ第三戦を終了しました。

今回の大会は試合が終わった後に、会った方々からスムーズでいい大会だったというお言葉をいただき、進行に関わっている人間としてはありがたいかぎりです。ただ、実際は進行がスムーズだったというよりも、選手達の気持ちが大会進行をスムーズにさせたのだと思います。

チームSEI☆ZA、Team DATE、チェ・ジョンヨン選手、石井美音奈ちゃん、世志琥選手。全てのみんなの気持ちがいい大会にさせたのだと思います。皆様、お疲れ様でした。

女子格闘技は、実は仕事していてとても疲れます。選手のひたむきな表情、覇気、辛そうな表情。正直、見ていて魂が削られる思いです。若山蓮華選手と華蓮DATE選手の13歳対決。正直、おじさんとしては、そこまで頑張らないでって思いでみつめてしまいますが、二人の闘志とひたむきさが充分に伝わる試合でした。

皆の気持ちが伝わってくるからこそ、こちらも毎回気持ちを引き締められながら参加させてもらっていますし、終わった後に、やる気ももらえます。ありがたいことです。

若山蓮華と華蓮DATEの13歳対決



SEI☆ZAは回を重ねるごとに確実に選手たちが成長していますし、大会としても少しづつではありますが、成長していると思います。今まで格闘技界にはなかった日本発!世界初!の育成型BUDOエンターテイメントになってきています。まだまだなところはもちろんありますが、着実に進化していると思いますので、それに僕も置いていかれないように精進したいです。

僕はLIVEものには、その会場にいた人にしか分からない空気感が必ず出るものだと思っています。SEI☆ZAには会場でしか味わえない確かな空気感があり、その空気感には選手の想いが確実にのっています。ぜひ次回大会には、その空気感を味わいに会場にご来場ください!

それと最後にはなりましたが、毎回ラウンドガールとして参加、オープニングアクトもやっていただいているKissBeeの谷藤海咲ちゃん、太田和さくらちゃん、中山星香ちゃん、大江麗奈ちゃん、前田璃音ちゃん、椿明来ちゃん。オープニングの前口上、ラウンドガール、懸賞旗持ち、表彰のアシスタントなど様々な仕事をほぼリハーサルの出来ないなか、口頭での確認だけでミスなく淡々と黙々とこなしてくれています。本当に毎回感謝しています。本当にありがとうございます。

今回の大会のサブタイトル『真夏の夜の星々』。今回出場した選手、関わっていただいた女性たちは、確実に真夏の夜空に輝いた星たちでした。

▼7.28 SEI☆ZA旗揚げ第三戦/レポート

【7.28 SEI☆ZAレポート】タバタが奮闘するも4-3でTeam DATEが勝利!

BLOMAGAの一覧へ戻る