道着あり、投げあり、押し出しあり! ガールズはSEI☆ZAルールで闘えるのか?

2016.12.27

先日、SEI☆ZA 1.19旗揚げ大会で適用されるルールの概略が発表された。その中でも大きなファクターになるのが“道着の着用”。キックボクシングやMMAの基本テクニックを習得してきたガールズたちだが、試合に向けて、もう一歩進んだ武道スタイルへの対応が必要になる。


キックボクシングやMMAでは効果的なパンチやヒザ、蹴りといった技が、道着の掴みがあることで無効化される難しさがある。柔術、柔道の経験があるユリア、タバタと違い、空手出身のラダ、ラジーナは道着は着なれているとはいえ、“掴み”の攻防に関してはまったくの素人。SEI☆ZAの闘技場には、彼女たちにとっての未知なる闘いが待っている。


ラダ、ラジーナは掴まれ、投げられたときの受け身の技術が必要。さらに倒されてから、いかに相手と距離を保ち、どうスタンドの攻防に戻すか。ここまでの一連の動きを体得しなくてはならない。寝技でも勝負できるユリア、タバタに対して、ラダ、ラジーナは得意の立ち技で勝負するのが得策だろう。


1月の試合では、このようにガールズたちの「猪木アリ状態」も見られるのだろうか。


受け身だけではなく、投げるための柔道の基本も教えていただいた。SEI☆ZAの試合では、背中から綺麗に投げた場合、「ジュードーポイント」が加算され、1R中に3ポイントを先取すれば勝利となる。


柔道・紫帯の腕前のタバタは、さすがに腰の入った見事な投げを披露。涼しい顔でユリアを軽々と投げ飛ばす。柔道、柔術、ムエタイの使い手であるタバタは、SEI☆ZAの武道ルールの理想型を体現する素養がある。


もう一つ、攻防の鍵となるのが、場外への押し出しが認められる「スモーポイント」。相撲の練習では道着を脱ぎ、まわし(帯)のみで投げと押しを強化。ガールズたちは、ジャパニーズ・スモーの映像は見たことがあっても実体験するのは初だ。


ユリアは、柔術、空手、拳法、ムエタイ、MMAなど多くの格闘技を学んできたツワモノだが、相撲では安藤喜友先生にまったく歯が立たず。改めて、武道の奥深さを感じたはずだ。


1.19旗揚げ大会までおよそ1ヵ月。この残された時間で若い4人がどう変化し、SEI☆ZAの武道ルールにどこまで適応できるのか。最後の追い上げで急成長する姿が見たい。

取材協力:Kichijoji fit





【SEIZAルール概略】


●闘技場はロープ、金網なしの円形闘技場
●試合時間/3分×3R
※寝技制限=30秒
●オープンフィンガーグローブよりも厚めの空手用の掴めるグローブ着用で顔面パンチはあり。
●SEIZAオリジナルの道着着用
●勝敗は、相手からKOかギブアップ(タップアウト) を奪った場合、勝ちとなる。または1R中に“1ポイント”(または一本)を3ポイント(または3本)先取した場合勝ちとなる。
※KOは10カウントか、レフェリーが危険と判断して止めた場合、セコンドがタオルを投入した場合
※KOや ギブアップ(タップアウト) で試合が決まらない場合は、 “ポイント” (または一本)の数が多いほうが勝ち。同ポイント(同じ本数)の場合はドロー。ジャッジによる判定はなし。

【 “1ポイント”(または一本)が与えられるのは以下の場合】
① カラテポイント(空手技一本)=打撃で相手からダウンを奪った場合
② ジュードーポイント(柔道技一本) =背中から綺麗に投げた場合
③ ジュウジュツポイント (柔術技一本) =関節技で相手からエスケープを奪った場合(エスケープは俵部分から手首、足首が出た場合)
④ スモーポイント(相撲技一本)=闘技場の俵部分から相手の身体の一部を押し出し、突き出し、投げ等で出した場合(自ら俵の外に出た場合も相手側にポイントが与えられる)
⑤ フォールポイント (フォール技一本) =3秒間相手の両肩を押さえた場合(自ら下からのガード状態になって両肩がついてる場合でもカウントを数える)
⑥ ブドーポイント(武道技一本)=打撃だけではなく、投げ技、スタミナ切れ、なんらかのダメージでダウンとみなされた場合は、相手方にポイントが与えられる

【禁止事項】
◎一方が立って一方が寝てる状態でのキック(蹴り)、双方寝た状態でのキック(蹴り)は全面禁止。どんな局面でも踏みつけは禁止。
◎エルボー(ヒジ打ち)は、スタンド、グラウンドともに全面禁止。
◎ニー(ヒザ蹴り)は、スタンドでの頭部・顔面へのニーは禁止。 ボディへの攻撃は有効。
両者グラウンド状態でのニーによる打撃はどんな局面でも禁止(ニー・オン・ザ・ベリーは有効)。
一方がスタンド、一方がグラウンドでもニーによる打撃は禁止。
つまり、ニーによる打撃が許されるのはスタンドでのボディへの攻撃のみ。
◎グラウンド(パウンド)でのパンチは、頭部・顔面以外(ボディ)へのパンチは有効。顔面へのパンチは禁止。
◎スタンドでの裏拳(バックハンドブロー)は有効。

※ 1ポイント(一本)やカラテポイント(空手技一本)などの名称は変更になる場合があります。
※細部は調整し、今後より具体的なルールブックを作成します。

人気ニュース

まだデータがありません。

人気動画

まだデータがありません。

NEWSの一覧へ戻る