SEI☆ZAとの再戦は望むところ! 次は「将棋」「茶道」「鮨握り」で勝負!/第一 DATE

2017.08.2

テーマ『旗揚げ第三戦を終えて見えた“SEI☆ZAとは?”』


文◎第一 DATE(Team DATE代表)


マハーラージャ カルーリカ&ヨーガをバックボーンとするTeam DATE(以下ティーム DATE)は、武術エンターテインメントのメジャーを目指すべく、仙台市で2011年3月11日に正式に結成したインド王族武術家チームです。

武術エンターテイナーとしては10年以上、切磋琢磨精進しているティーム DATE武術四姉妹が武道エンターテイメントSEI☆ZAへ参戦し、初のチーム勝ち抜き対抗戦での勝利を収められたのは、代表・武術家の私として満足のいく結果だったと思っております。

武術四姉妹は女子プロレスにも参戦し、アイスリボンという団体をホームにしております。プロレストレーニングを始めて驚いたのは、体重の減量ではなく、格闘技とは真逆の増量。スタミナ向上やダメージへの耐性をつくるというものです。

女子格4姉妹としてプロレスデビューを発表してからも、格闘技のオファーはありがたいことに途切れる事はありませんでした。しかし、プロレス参戦の合間に減量スケジュールを確保するのが難しく、断念せざるを得ない状況が続いていました。

そんな折、ティーム DATEの活動に賛同していただいている地域セキュリティアドバイザーの栗林ひさゆき氏から「体重の増減は問題! リミット65kgで武道エンターテインメントのイベントSEI☆ZAは観戦されてご存知のはず! 挑戦状を書いてくだされば動きますから!」

とアドバイスを頂き早速、後援会役員のDATE先生に相談しました。

「リミット65kg?! 武道エンターテインメント?! ティーム DATEのコンセプトと現状にぴったり! 難問であるプロレスとの両立ができるかもしれない! 果たし状を作成するから、栗林師匠にお願いしてください! 体重65kgリミット増量食事メニューも併せて組んで下さい!」

と仰天の指示を受けて早速動きました。

武術四姉妹は増量もまた減量並に苦しんでいたようですが、武術エンターテイナー達もさらに活動の幅が広がってきた事は、今後の可能性のポテンシャルが上がってきているのを感じます。

「武道とプロレス」
「土俵とリング」

この異なる世界観をティーム DATE 武術四姉妹エンターテイナーとして両立し、輝いていけたらと贅沢に考えております。


山口代表と柴田さんに提案してみようと思っている事があるのですが、武道としての番外編対決をしてみたい。

将棋、国歌やお国の縁の歌、茶道、着付、鮨握り等、勝敗はつけますが、勝ち負けにこだわらない。日本文化に触れる事で輝きが増していく。

とにかく、この武道エンターテイメントSEI☆ZAには無限の可能性が秘められていて、とてもワクワクして文章にしきれません。

「敵ながら天晴れ!」の連続!

そのような世界観を作り出せる、今までにないSEI☆ZAに無限の可能性を感じて期待に胸をふくらませております。

▼7.28 SEI☆ZA旗揚げ第三戦/レポート

【7.28 SEI☆ZAレポート】タバタが奮闘するも4-3でTeam DATEが勝利!

人気ブロマガ

まだデータがありません。

人気ニュース

まだデータがありません。

BLOMAGAの一覧へ戻る