ネパールから空手女子ラダ&ラジーナが来日!SEI☆ZAのスターになってみせる!

2016.07.1


ラジーナ・ビスタ(左)、ラダ・マナンダー(右)

6月20日、記念すべきSEI☆ZA初のプロジェクト参加選手となる
ラダ・マナンダー(19才)とラジーナ・ビスタ(17才)がネパールから来日した。
ネパールの首都カトマンズ郊外の静かな町からやってきた十代の純朴さあふれる2人組だ。

ラダ、ラジーナともに幼い頃から日本の伝統空手「糸東流」を学んでいて、
2人とも若くしてなんとすでに黒帯を持つほどの腕前だ。

image1
日本に来るのはもちろん、海外に出ること自体が初めての2人。
ネパールの小さな町から思い切って外の世界に飛び出した2人にとって、
すべてが新鮮かつ未知なものとして映るだろう。

成田からSEI☆ZA参加選手のシェアハウスへの移動中、東京ベイエリアを眺めながら、
2人はぽつりと「Is that sea?(あれが海なの?)」とつぶやく。
そう、ユーラシア大陸の内陸部にあるネパールには海はなく、彼女らは東京で初めて“海”というものを目にしたのだ。
これから彼女たちはたくさんの初めての体験をすることになりそうだ。

image2
首都圏某所にあるSEI☆ZAガールズ専用のシェアハウスに到着した2人。
くつろぐのもそこそこに、2人ともネパールで心配している家族に連絡を取っていた。

image4
来日、2日目にはスーパーマーケットで日本の買い物を体験。
刺身や梅干し、ようかんなど、彼女たちにとっての未知の食品に興味津々の様子。
特にタコの刺身に対しては、そのあまりの“未知の生物”っぷりに思わず爆笑する2人であった。

買い出しを終えるとシェアハウスに戻って料理開始。
鶏肉とスパイスを購入した2人は、ネパール式カレーを作ることに。

image5
そして日本での初の料理が出来あがり。
SEI☆ZAのスタッフたちにネパール式カレーをご馳走してくれた。
スタッフからは日本流に刺身をプレゼントして、食の異文化交流。

image6
海のないネパールには、もちろん生の魚を食す習慣はない。
刺身に初挑戦した2人は正直、微妙なリアクション……。
これから徐々に日本食に慣れていってくれるかな。
ちなみにネパール式のチキンカレーは、めちゃくちゃ美味しかったです!

image7
SEI☆ZA動画班のアメリカ人女性ナターシャさんとのスリーショット

十代の世間知らずの2人。
その真っ白なキャンパスに、これからどんな絵が描かれていくのか。
みなさん、ラダとラジーナの応援よろしくお願いいたします!

人気ニュース

まだデータがありません。

人気動画

まだデータがありません。

NEWSの一覧へ戻る